マリールゥの特 長

補助金・助成金情報

子育て支援の一環として、3人乗り自転車を購入した場合に、
補助金を支給してくれる自治体や団体があります。

条件を満たせば、3人乗り自転車を格安で購入することができますので、
積極的に活用しましょう。

マリールゥを購入する際に、補助金支給を受けられる自治体をご紹介します。

【ご注意】
最新の情報を掲載するように心がけておりますが、条件などが変更になっている場合や、
締め切られている場合、また下記の自治体・団体以外でも新たに募集を開始している場合があります。
最新の情報は、お住まいの市区町村のホームページなどで、ご確認ください。


■関 東 | ■東 北 | ■信 越 | ■中 部 | ■近 畿 | ■四 国 | ■九 州



【対象者】
●文京区在住で6歳未満の幼児を有する保護者
●区内の幼稚園・保育園に通園している幼児を有する保護者
【補助金額】
購入費の2分の1(最大15,000円)

【対象者】
●葛飾区に在住している方。
●6歳未満のお子さんを2名以上養育されている方。
【補助金額】
購入費の2分の1(最大30,000円)

【対象者】
市内在住で補助金申請時に小学校未就学児2名以上を養育している方(幼児と生計を共にしている方)で、市税、保育料および放課後児童クラブ負担金の滞納がない方
【補助金額】
購入金額の2分の1。限度額3万円

【対象者】
白岡町に住所を有する社会福祉法人 白岡町社会福祉協議会の会員であり、自らが養育する子どもを同乗させるために幼児2人同乗用自転車を必要とする人
【補助金額】
購入費の2分の1(上限2万円)

【対象者】
・土浦市に在住し、6歳未満(0〜5歳まで)の子(注釈1)が2人以上いること。
・市税等および保育料等を滞納していないこと。
・本人又は同一の世帯の者が、本補助金の交付を受けていないこと。
【補助金額】
自転車購入費用(注釈3)の3分の2(上限50,000円。100円未満は切り捨て。)

【対象者】
・2人以上の幼児(6歳未満)の親権者である
・購入日に親権者が1年以上市内に住所を有している
・申請日に幼児及び当該幼児の親権者が市内に住所を有している
・親権を有するすべての方が市税を滞納していない
【補助金額】
購入金額の2分の1(補助上限額40,000円)

【対象者】
・2人以上の幼児の親権者であること
・幼児2人同乗用自転車の購入日において、親権者が町内に1年以上住所を有していること
・申請日において、幼児および当該幼児の親権を有する者が町内に住所を有していること
・町税条例に規定する町税を滞納していないこと 
【補助金額】
購入費の2分の1(上限4万円)

【対象者】
・東海村の住民である(購入日・申請日に住民である)こと
・6歳未満の幼児を2人以上養育していること
・本人及び同一の世帯の者が村税を完納していること
【補助金額】
購入費の2分の1(上限4万円)

【対象者】
当該自転車を、自らが養育する子どもの保育所(園)、幼稚園への送迎のために主に使用している人
【補助金額】
購入費の2分の1(上限4万円)
【対象者】
申請時において、本市に住所を有し、現に居住している者。
本人又は同一の世帯において、幼児が2人以上同居している者
【補助金額】
助成対象経費の2分の1に相当する額(100円未満切捨て)で、2万円を限度
【対象者】
市内在住で、6歳未満の幼児を2人以上養育しており、本人及び同一世帯の方が市税を滞納していない方。
【補助金額】
購入金額の2分の1(100円未満の端数切捨て)で、上限2万円。
【対象者】
(1) 申請時に市内に住民票を有し、かつ現に居住していること
(2) 申請時に同居の満6歳未満の幼児を2人以上養育していること
【補助金額】
購入価格の1/2で上限3万円まで

【対象者】
幼児2人同乗用自転車の購入日において、軽井沢町に住所を有する者のうち、6歳未満の者が2人以上いる世帯に属する16歳以上の者。
【補助金額】
幼児2人同乗用自転車の購入費(6歳未満の者が同乗できる座席を注文により設置した場合における当該設置費用を含む。)の2分の1以内とし、上限50,000円。

【対象者】
市内在住で、自らが養育する子どもに使用する目的で、対象となる自転車を購入した人
【補助金額】
購入金額の2分の1(補助上限額40,000円)

【対象者】
1.安城市民であり、市税の滞納がないこと。
2.安城市「まちの自転車屋さん」において、防犯登録・自転車安全整備を受けたBAAマーク付の新品の自転車を購入すること。
3.自転車安全利用講習会を受講すること。
4.自転車を運転する際にヘルメットを着用すること。
5.幼児2人同乗用自転車の場合は、申請時に満6歳未満の幼児を2人以上扶養していること。また、幼児2人同乗基準適合車マーク付であること(1世帯につき1台)。
【補助金額】
購入費の3分の1以内(100円未満切捨て)補助限度額:幼児2人同乗用自転車は2万円

【対象者】
1.市内に住所を有し、現に居住している人
2.購入時において6歳未満(0〜5歳児)の子が2人以上いる人
3.ご自身が養育する幼児を同乗させるために使用する人
4.本人または同一世帯の人が、この補助金を受けていないこと
【補助金額】
購入費の2分の1(100円未満は切り捨て、上限35,000円)

【対象者】
豊田市内に住所を有し、現に居住していること。
市税を滞納していないこと。
購入時において6歳未満(0〜5歳)の子(注意1)が2人以上いること。
本人又は同一の世帯の者が、本補助金の交付を受けていないこと。
【補助金額】
購入金額の2分の1(補助上限額40,000円)

【対象者】
・松原市に住民基本台帳等に登録され、現に居住していること
・自らが養育する6歳未満の子供が2人以上いること
・本人および同一世帯のものが、同様の補助を受けていないこと
【補助金額】
購入費の2分の1(上限5万円)

【対象者】
・平成25年9月1日〜平成26年2月28日までに幼児2人同乗基準適合自転車を自ら使用する目的で購入した方
・市内に住所を有し、現に居住している方
・市区町村民税の滞納がない方
・幼児2人同乗基準適合自転車の購入時において自らが養育する幼児(6歳未満の者で、申請者と同居しているもの)が2人以上いる方
・本人又は同一の世帯の者が、幼児2人同乗基準適合自転車の購入費にかかる補助金の交付を受けていない方
【補助金額】
補助対象経費から3万円を差し引いた額(上限4万円)

【対象者】
・市内に住所を有し、現に居住していること。
・申請時において、同一の世帯で6歳未満の幼児2人以上を養育していること。
・市税を滞納していない世帯であること。
【補助金額】
購入費の2分の1(上限4万円)

【対象者】
・斑鳩町に住所を有し、現に居住している者で、購入日及び申請時において、幼児2人以上を自らが養育している者
・幼児2人同乗用自転車を購入後6カ月以内に助成金の交付申請をした者
・町税等を滞納していない世帯に属する者
【補助金額】
購入費の2分の1(上限3万円)

【対象者】
購入日及び申請時において広陵町に住所を有し、現に居住されていて、6歳未満の幼児を2人以上養育されている方。
【補助金額】
購入費の2分の1(上限4万円)

【対象者】
・本人と幼児ともに川西町に住所があり、かつ居住していること
・購入した自転車を日常生活及び保育園、幼稚園等への送迎のために使用すること
・過去において、本人又は同一世帯の方が対象となる自転車購入の助成金を受けていないこと
【補助金額】
購入費の2分の1(上限3万円)

【対象者】
・市内に住所を有し、現に居住していること。
・基準適合幼児2人同乗用自転車の購入時において自らが養育する幼児が2人以上いること。
・本人又は同一の世帯の者が、基準適合幼児2人同乗用自転車の購入費にかかる助成金の交付を受けていないこと。
【補助金額】
購入費の2分の1(上限4万円)

【対象者】
・市内に在住していること。
・申請時に、幼児(6歳未満の者をいう。)を2人以上養育していること。
・これまで、本人又は同一の世帯の方が、幼児2人同乗用自転車の購入費に係る助成金の交付を受けていないこと。
・申請日において、市税を滞納していないこと。
【補助金額】
購入費の2分の1(上限4万円)

【対象者】
・購入時において、本市に住所を有していること。
・購入時において、世帯に6歳未満の幼児が2人以上いること。
・市税を滞納していないこと。
【補助金額】
購入費の2分の1(上限2万円)